テーマ:合唱

三回目の練習に・・・

4月11日、Ensemble voceの三回目の練習行ってきました。「Gloria」の中の「Gratias agimus・・・」と「Qui tollis peccata・・・」の練習。今回のミサ曲はラテン語ではあるけれど、ドイツ人が歌うラテン語、ということで、ドイツなまりで歌うことに。アギムス、とか、クヴィトリス、とか。慣れるまでちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念と、お断り・・・

残念と言えば、姫路混声合唱団の定演が9月9日(日)に、姫路キャスパホールであります。かなり前から、ステージ写真の撮影を頼まれていたのだけれど、Ensemble Voceの練習日と重なってしまって、お断りすることに。本当に申し訳なく思っている。依頼されたときは9月30日ということだったのが、いつの間にか変更になっていて、変更を知らされたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ensemble-Voce練習日、3回目が近づいた

毎回だけど、団員へ一斉配信が届く。指揮者、副指揮者からのコメント、歌い方、発音等。予習していくには、ありがたい情報です。歌詞はラテン語だけれど、バッハの曲だからか、ドイツなまりの発音で、長年ラテン語の曲を歌ってきた者にとって、ちょっと戸惑いが。ま、しばらくはドイツなまりに浸ろう! 2月に女声陣からチョコのプレゼントのセレモニーがあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルナソス・メサイア合唱団の団員募集が始まって思うこと

2009年、姫路市文化国際交流財団主催の第1回メサイア全曲の演奏会が開かれて、この度第5回目として、また合唱団員の募集が始った。 会を重ねるごとに、演奏の形態が変わってきて、公募でオーデションで選ばれたソリストは各パート数人で、歌うのは、分担で、これからソロとして育っていく過程の人にとっては、それなりの意味があるかもしれないけれど、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尼崎市合唱団、第53回定期演奏会

今日、尼崎市合唱団の第53回定演(2017年11月12日)の写真が、友人の吉岡氏から届きました。 吉岡さん、ありがとう。三か月経つと、かなり昔に感じます。 内輪話をすると、当日は赤の蝶ネクタイが、ドレスコードだったのですが、元々黒の指定だったのが、前日のリハで、急に赤に決まったのを、失念、というか、聴き洩らしていて、黒しか持って行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入団を誘われた合唱団は

ちなみに、誘われた合唱団は。「混声合唱団オーデンコール」という合唱団で、主として京都の吉田教会という教会で練習をしておられます。月2回くらいのペースで、土曜日の午後が練習です。現在歌ってられるのは「モツレク」だそうです。曲に不満はないですが、月に三回の京都行は、ちょっと・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ensemblevoceの練習

いつもの時間に四条河原町に着いて、地上に出たら曇り空で、ちょっと時雨れてた。雪でなく霧雨。濡れるほどではなくてよかった。鴨川は1月に来た時と同じように、寒々としていた。 しかし四条大橋は人が多かった~!連休の京都は、こんなものか、という感じ。 今回の練習は、「Gloria」と「Et in terra pax」一ケ月しっかり予習してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ensemble-Voce練習日

明日はEnsemble-Voceの練習日です。月に一回の練習は、待ち遠しい気がするけれど、ゆっくり予習が出来て、これもいいかな、と思っている。 明日は「Gloria」の練習に入ります。今日は雨が降ってるけど、明日の予報は晴れ! 楽しんで来よう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オラトリオ「エリア」聴いてきました

昨日(2018年2月4日)の大阪ゲヴァントハウス合唱団、良かったです。 萩原寛明さんは昨年から常任指揮者になられたらしいけど、よく歌わせておられた。団員もしっかりついていっている感じ。 オラトリオ「エリア」も抜粋でもあったけど、ナレーション(教会でミサ中、聖書の朗読とかされている団員の方の)もあって、ストーリーがよくわかった。 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァン・デ・ワーレ神父が亡くなられた

長年、セレスチナ合唱団で、ご一緒に歌ってこられた、ワーレ神父様が、昨日(2月2日)亡くなられた。 昔(1985年夏)ベルギー(ブリュッセル、ブルージュ、ゲントなど)を案内していただき、姫路に住んでいたころは、何度も自宅に来ていただき、歌い、食べ、おしゃべりと楽しかったことが思い出されます。神戸に移り住んでからも、拙宅にも来ていただいた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Ensemble-Voceに入団

尼崎市合唱団を昨年の定演を最後に退団して、どこか自分に合った合唱団は無いか、と思いつつ過ごす毎日。 11月5日にロームシアター京都であったアンサンブル・ヴォーチェの演奏会、ハイドンのオラトリオ「四季」を聴きに行って、ふとひらめいたのが、この合唱団です。プログラムにも団員募集の案内が・・・興味あるな~、と思ってネットで調べたりしているう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かなりしばらくぶりに書きます

2014年4月以来、塩漬けになっていたブログを再開しようと思っています。 3月にパルナソス・メサイア合唱団で「第3回メサイア」が終わった。 2015年8月9日、芦屋混声合唱団の第3回定演でバッハ「マタイ受難曲」を歌い、その後2015年11月から尼崎市合唱団に入団しC.Orffの「カルミナ・ブラーナ」に挑戦して、2016年9月25日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚直哉先生の練習

土曜日(7月6日)はメサイアの練習日で、大塚先生の練習でした。 2年半ぶりにお会いしましたが、相変わらずお元気で、ユーモアの中にも厳しい指摘もあり、充実した二時間でした。次回はちょっと先になるようです。もう少し短い間隔で練習していただけたら、ありがたいですが・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディション合格!

今日(6月1日)パルナソス・メサイア合唱団のオーディション、合格通知が届きました。やれやれ、これで来年の3月23日まで元気に楽しめそう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メサイア合唱団の団員募集のオーディション

先日(5月26日)パルナソス・メサイア合唱団のオーディションを受けてきました。 2009年に第一回のメサイア全曲演奏会に始まって2011年に第二回、今回は2014年に第三回目の演奏会に向けてのオーディションでした。 何度受けても緊張!緊張! はてさて、合格したのやら、ダメだったのやら。パルナソスホールからの連絡待ちです。 オーデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに、昔お世話になった方に会いに!

昔、同じ合唱団で一緒に歌ったり、ベルギーへ行った時にお世話になり、しばらくお会いする機会もなく、時が過ぎてしまっていました。、急にお会いしたくなり津山まで・・・ お元気そうで安心 ヴァン・デ・ワーレ神父様 以前コンサートをさせていただいた、聖堂も訪問          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三週間ぶりに練習へ

今日はマタイ受難曲、三週間ぶりに練習です。 月に三回の練習で、今月最初の練習日です。 忘れてないか、ちょっと予習して
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CGSジョイントコンサートの危機

約30年間続いてきた、CGSジョイントコンサート、  ( *CGS=セレスチナ合唱団(C)月曜会(G)姫路市民合唱団(S)三団体によるジョイント) 発足から、第12回コンサートまで、関わってきた者にとっては、とても記憶に残る、すばらしい 企画のコンサートです。来年は15回目の節目の年です。どのような企画のコンサートになるか、 今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

83歳で三つの合唱団の現役団員!

先日の朝日新聞に、83歳で三つの合唱団で歌っておられる人の記事が載っていました。 すごい!!   2008年にパルナソス・メサイア合唱団、おなつせいじゅうろう合唱団、セレスチナ合唱団、と三つ同時進行で歌っていたことがありました。その後も二つは何度かありましたが、83歳とは立派! 友人の森田氏は現在、姫路市民合唱団、姫路メンネルコール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オラトリオ「エリヤ」

「エリヤ」聴いてきました。 延原武春指揮の高槻市民合唱団約160名とテレマン室内合唱団、テレマン室内オーケストラの演奏。 全曲を生で聴くのは初めてでした。 1964年に姫路管弦楽団(現姫路交響楽団の前身)との共演で、抜粋ではあったけれど、 演奏したときのことがよみがえってきました。 しかし、高槻で第九を1974年に歌ったあと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢旅行のあとは、コンサート!

今日は、高槻現代劇場へ、メンデルスゾーンのオラトリオ「エリヤ」を聴きに行きます。 昔、かな~り昔、姫路の某合唱団で歌ったことがあります。 延原武春指揮のテレマン室内オーケストラ、他の演奏です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルナソス・メサイア合唱団

今日、パルナソス・メサイア合唱団の募集の案内が届きました。 待ってました。 早速参加申し込みをしました。 オーディションに通れば、の話ですが・・・ 何とかパスして三度目のステージに立ちたいものです。 本番は2014年3月23日です。 さ~、オーディションの課題曲の練習に入りましょう{%音符webr…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オペレッタ「メリー・ウィドウ」

23日の土曜日、オペレッタ「メリー・ウィドウ」観に行きます。 以前、イタリアへ一緒に歌いに行って以来の友人、北井春花さんが出演です。 楽しみです チラシのpdfです。 http://www5d.biglobe.ne.jp/~CELESTIN/concertimage/merryw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ「マタイ受難曲」歌いませんか?合唱団員募集の話です

芦屋混声合唱団が、団員募集しています。 まだ産まれて間もない合唱団ですが、大曲に挑んでいます。 昨年はバッハの「ロ短調ミサ曲」をいずみホールで! 指揮者の奥方は、六車智香さんです。 オケはテレマン室内オーケストラ。 一度見学に行かれてはどうですか
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クリスマスオラトリオ聴いてきました

1月に、なんでクリスマスオラトリオ?って思われるでしょうが、Bachは、その半生をライプツィッヒで過ごしました。 その時代、1734年のクリスマス期間の6回の祝日に新しいカンタータを上演する大仕事に取り組んだそうです。 Bachはその時49歳。福音にもとづいて作ったのが6つのカンタータだったのです。そのカンタータを1734年から35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにジムへ

一週間、風邪の咳に悩まされていましたが、やっと、咳も収まって、久しぶりにジムへ行ってきました。 咳は収まっても、やっぱり病み上がりの身、イマイチ本格的には動けませんでした。 次回からは大丈夫でしょう。 残念! 4月に芸術文化ホールである、カルミナブラーナを聴きに行こうと思っていたのに、ナ、ナ、ナ、ナント、三日間ある、すべての日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪がいまだすっきりしないまま

昨日は今年に入って2回目の練習日。咳がまだ完全に止まってないまま、練習に行ってきました。 昨日は特別に、六車 智香先生の指導で、かなり興味があったので、病を押して行ってきました。 (こんな機会はあまり無いと思ったので・・・) しっかり体操と発声に時間をとられて、なかなかいいスタートでした。(風邪の影響で指導に応えられなかったのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年半ぶり、ブログ更新するとき、また風邪でダウン中

三日前から風邪気味で、喉がイガイガ、咳は出るは、頭は重い・・・・ しかし書き始めたら、とりあえず近況をと、咳き込みながら・・・・ 昨年(2012年)は前年(2011年)にMESIAHが終わったあと、モツレクを歌う機会に恵まれました。これは六甲男声合唱団の珍友(?失礼)Tさんのお誘いでした。松方ホールでの本番、練習も含めて楽しめました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more